2017年08月18日

From Factory

さて、今回のミッションは、リプロダクトしたパインテーブルの塗装。
新材に着色するので、アンティークの塗装に比べれば簡単そうですが、今回は脚に使った材料と天板の材料の色が違いすぎる。
極端に言うと赤と白!どちらもパイン材でですが、産地の違いでここまで違うもんですかね。
濃い目の着色なら何とでもなりそうですが、今回は極力薄い色味で雰囲気良く、とのことで、アンティークパインのいわゆる飴色を意識しての作業になります。
脚に使った赤身への着色がネックになりそうです。
天板、幕板は白っぽい素材なので脚に合わせるのは難しく無さそうですが、針葉樹の染色は、うっかりすると和風になってしまうのでそれなりに慎重に。

まずはそれぞれ同じ素材の木っ端を用意して、試し塗りしながら調色していきます。

1500983802756.jpg

染料系着色剤、顔料系着色剤を延べ15色くらいでしょうか、配合のデータを控えながら、調色し、シンナーで薄めて試し塗り、乾いた状態をチェックして、重ね塗り、もしくは着色料を追加、、、なんてことを繰り返し小一時間。
蓋を開けてみれば、脚と天板で全然違う着色料を作ることになってしまいました。
本番はシンナーではなく、無色のオイルステイン(着色料を混ぜて初めてオイルステインですが)で薄めて塗装します。
ウレタン系オイルのため、着色剤もろとも確実に硬化するので上塗り無しでも色移りの心配無し!
上塗りの塗料も選びませんので、飲食店の什器などでポリウレタンやラッカーをガッツリ塗りたい時には重宝しています。

tableG.JPG

今回はワックスで仕上げました。

こちらのテーブルは椅子2脚以上ご購入で50%OFF!
是非この機会をお見逃し無く!!!

specialoffer.jpg
posted by kiya antiques at 13:12| From Factory

2017年08月11日

椅子2脚以上ご購入でオリジナルパインテーブルが50%OFF!!

specialoffer.jpg


夏のスペシャルオファーのご案内です。
椅子2脚以上ご購入のお客様限定で、キヤアンティークスオリジナルパインテーブルを50%OFFの特別価格にて販売致します!


椅子は何をお選びになってもOK!
お客様のお好みの椅子を合わせて下さい。


オリジナルパインテーブルのページはこちら


キヤアンティークスからおすすめの組み合わせをご提案いたします!


1.jpg

濃い色のテーブルにチャーチチェアを合わせてみました。
合えてバラバラに組み合わせる事で個性的な雰囲気になります。


2.jpg

テーパードレッグキッチンテーブルにはアーコールのキッチンチェアを。
シンプルで飽きのこないデザインですね。


3.jpg

リフェクトリーテーブルに合わせたのは4脚セットのオークのダイニングチェア。
イギリスアンティークらしいクラシックな雰囲気。


4.jpg

大きめのキッチンテーブルにはチャーチチェアやカントリーチェアがぴったりです。
違うデザインを合わせる事で賑やかな雰囲気に。
天板に描かれたイラストも注目です。

table-1.JPG


商品は全て藤沢ウェアハウスにて展示販売中です。
店頭には様々なデザインの椅子も多数ご用意しています。
是非店頭でお好みの組み合わせをお試しになってみて下さい。



藤沢ウェアハウス店はこちら
posted by kiya antiques at 16:03| ShopNews

2017年08月08日

From Factory

お得意様からの御注文です。

収納用の観音開きの扉を製作しました。
ステンドグラスは当店でお買い求め頂いた物です。

1500985862501.jpg

このステンドグラス、実は

1500986285876.jpg

元々は1枚のステンドグラス窓を2枚に分割して枠を新規で作り直した物なんです。
お客様にも気に入って頂けたようです。

同型のステンドグラスと。

1500986332378.jpg

細かい寸法は窓枠で調整致します。

ステンドグラスは寸法の変更や、分割など、意外と融通が効くので、「デザインは気に入ってるのにサイズが、、、」なんて時はぜひご相談ください。
その場で工賃をお見積り致します。
また、お手持ちのステンドグラスが割れてしまった時などもご相談ください。ステンドグラス専門の職人が対応致します!
posted by kiya antiques at 13:01| From Factory
Powered by さくらのブログ