2016年01月30日

オンラインショップにアンティークカップ&ソーサーやトリオが入荷しました

p696-01.JPG

オンラインショップにアンティークのカップ&ソーサーと、トリオを追加しました。
今回ご紹介しているのは、全て1837-1901年のヴィクトリア時代から1930年代位までのアールデコ期に作られたもの。
ロマンチックな雰囲気の花柄や、高級感のある金彩模様のものなど、アンティークならではの豪華で美しいものを揃えました。
是非、アンティークのカップ&ソーサーで、優雅なティータイムをお楽しみ下さい。

コレクタブルズのページはこちら

商品は藤沢ウェアハウス店で扱っております。
藤沢ウェアハウス店へのアクセスはこちら
posted by kiya antiques at 14:18| Collectables

2016年01月23日

オススメページに新商品を追加しました!

オススメページに新商品を追加しました!
今回のピックアップ商品はこちら。

h668-1.JPG

今回は気が早いですが、来月14日のバレンタインデーに活躍しそうなアイテムをご紹介いたします。
今やバレンタインデーと言えば友チョコ、義理チョコ、本命チョコ、自分チョコ、逆チョコなどなど…いろいろな形で楽しんでいますよね。
渡す人によって、既製品のものにするか?手作りにするか?が悩みどころだと思います。
チョコレートの歴史は古く、紀元前に古代メキシコではカカオ豆(チョコレートの主原料)は、テオブローマ(神の食べ物)といわれ、大変高価なものだったようです。
当時のチョコレートは薬として扱われており、カカオ豆をすりつぶしたものをトウモロコシの粉やバニラやスパイスなどと混ぜた苦くドロドロとした飲み物だったそうです。
それから時は経ち、1847年にイギリス人ジョセフ・フライが今のチョコレートの原型を発明して食べるチョコレートが始まりましたが、しかしその味は苦みが強く一般的な普及までとはいきませんでした。
そこで1875年にスイス人ショコラティエであるダニエル・ピーターが甘く、口当たりが良いミルクチョコレートを誕生させ、世界中に広がっていったそうです。
さて、ご紹介するチョコレート金型はオランダの北ブラバント州Tilburgにある1921年創業のvormenfabriek社製。
世界的なお菓子メーカにもチョコレートの型抜き用のモールドを提供しているトップブランドです。
金型の側面には会社名と製造番号と思われる数字が刻印されております。
年代はわかりませんが、vormenfabriek社が型抜き用のモールドを金属製からプラスチック製に移行したのが1970年代初めなので、それ以前のものだと思われます。チョコが32個作れますが、そんなに食べたら鼻血が出てしまうので、出来たチョコレートをバレンタインデーにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?その時には、この金型で作った証拠として写真を添付してみれば、あなたの特製手作りバレンタインデーチョコレートの完成です。
バレンタインデーに使わなくてもお友達へのプレゼント、お返し等でも活躍しそうです。
このまま棚に飾っておくだけでも部屋のインテリアとして良いと思います。
※こちらの商品は藤沢ウェアハウス店にてご覧頂けます。

ほかにもたくさん紹介しています!お見逃しなく!
スタッフオススメページはこちら
posted by kiya antiques at 16:59| Collectables

2016年01月21日

ビューローの改造

おしゃれなデスクといえばビューローデスクを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
使わない時に天板を閉じてしまえばスペースを広く使える上、デスク上の細かい物も隠せますしね。
デスク周りに必要な物といえば本棚。通常のデスクであれば天板の奥の方、ビューローであればトップの板上に少ない量であれば置けますが、やはり収納力がもう少し欲しい所です。
そんな要望にお応えして、よく見かけるビューローで下部が引き出しのタイプを本がしまえるよう、観音開きに改造します。

オリジナルのマホガニービューロー

1.JPG

分解、修理をした本体。

2.JPG

引き出しの口板を加工します。

3.JPG

4.JPG

そして蝶番で取り付け。

5.JPG

仕上がりはこのように。

6.JPG

7.JPG

8.JPG

これでよく使う本や資料は手短に置いとけますね。
posted by kiya antiques at 14:29| From Factory
Powered by さくらのブログ