2017年03月30日

フランス製 アンティークスケール

11.JPG

フランスの古いスケールが入荷しました。
ものは良いのですが、入荷した時は状態がひどくガラスも割れ虫食いが有り、バランスも取れなくなっていました。
インテリアエレメントとして使うにも痛みすぎていたので、修復致しました。

2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 7.jpg 8.jpg

本体の箱と天板の大理石は元の雰囲気を残しつつ修理仕上げをしていきます。
ガラスは新しいものに交換し、壊れてしまった金属パーツをろう付け修理。

9.jpg 10.jpg

ここまで来て悩みどころが真鍮パーツをどこまで仕上げるか。
真鍮の変色した茶色も雰囲気があって良いのですが、緑青や汚れもひどく、元の高級感も出したいので今回は少し綺麗にする方向で仕上げました。

真鍮部分を仕上げるにあたり、どの程度綺麗にするかを考えて、使う道具や薬品を変えていきます。
紙ヤスリやスチールウールを使って削り取る方法や、コンパウンドや青棒、赤棒などの研磨剤で磨き上げる、薬品を使い分解するなど、色々あります。その方法各々に長所短所があり、真鍮の元の状態や、仕上げたいイメージに合わせて選んでいきます。
そして今回選んだのは酸で磨く方法です。

硫酸や塩酸、酢酸などで磨くと綺麗になります。
身の回りのものでいうとバッテリー液、サンポール、お酢ですね。
その中でもこのスケールにはお酢で磨きました。
お酢は強すぎず弱すぎず、仕上げのバランスが取りやすい上、仕上がりも少しくぐもった色合いになるので、金属部分だけ新品!のようにはなりません。

11.JPG 12.jpg 13.jpg

バランスの構造部分も分解し清掃、オイルでメンテナンスし組み上げます。
一定の水準まではバランスも取れ、パリッとした少し高級感の増す仕上がりになりました。

No.14335 フランス製アンティークスケール ¥38,000(税別)
藤沢ウェハウス店にて展示販売中です。
posted by kiya antiques at 14:20| Collectables

2017年03月25日

BOOTHS社 ウィローパターン

c387c-1.JPG

オンラインショップにBOOTHS社のReal Old Willowパターンの食器が入荷しました!
ウィローパターンは18世紀に大流行したシノワズリ(東洋美術様式)のひとつで、数々の名窯からウィローパターンの陶磁器が作り出されました。詳しくはこちら

その中でもBOOTHS社のウィローパターンは人気が高く、20世紀初頭に誕生してから長きにわたり作り続けられました。
1980年代にはロイヤルドルトン社がBOOTHS社のReal Old Willowパターンを引き継いだ事でも知られています。

今回ご紹介しているのはBOOTHS社のオリジナル。
和食にも洋食にも合うデザインで、是非日常に使って頂きたいシリーズです。
プレートのサイズも豊富。日本の食卓に使いやすいサイズが揃っています。
今なら数もありますので、ご家族の人数分、お客様の分も揃います。
数には限りがありますので、お探しの方はお早めに!
商品は藤沢ウェアハウス店で扱っています。

オンラインショップはこちら。
posted by kiya antiques at 14:48| Collectables

2017年03月21日

第16回湘南蚤の市雨天中止のお知らせ

本日開催予定だった湘南T-SITE第16回湘南蚤の市は雨天の為中止となりました。
キヤアンティークス横浜本店、藤沢ウェアハウス店は通常通り営業しております。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

https://www.facebook.com/SHONAN.NOMINOICHI/?ref=py_c
posted by kiya antiques at 10:38| ShopNews
Powered by さくらのブログ