2018年04月14日

アンティーク家具をテレビ台にリメイク



在庫の家具に手を加えて、テレビ台を作ってみようということになりました。


1517747566874.jpg


贅沢にも20世紀初期のマホガニーウォッシュスタンドを加工します。

オリジナルの大理石天板が欠損しているので、ホンモノのアンティークですが思い切って改造していこうと思います。

ローテーブルの様なテレビ台をアンティークのパーツを使って製作するプランもありましたが、テレビの周辺にはデッキやチューナー等の周辺機器や、Blu-rayやDVD等は片付けたいところなので ある程度の収納を備えた箱物家具の方が使いやすそうです。

重いテレビを常時乗せているので、家具全体に補強材を入れる必要もあります。

しっかりと面で強度を確保するためにも箱物家具は適しています。

まずはいつも通り解体して、通常の修理と改造を段取り良く同時進行です。
背面側に白っぽく見える木材が補強材を取り付ける為に新規で組付けた骨組みです。


1517747594064.jpg

1517747661861.jpg


引き出しは、レールを取り外し棚板を敷いて、口板を手前に倒して開く扉の収納にしました。

ここにデッキ類を収納するイメージなので、背板にも配線用の穴を大きめに開けておきます。

底板、背板はマホガニーではなかったものの、オリジナルは無垢材が使われていましたが、強度を確保するため12ミリの構造合板に交換しました。

合板は気候による収縮も殆ど無く、家具の振れに対して筋交いになるので、強度を出すために都合が良いのです。


1518956759665.jpg


天板は、ランバーコアの小口面をマホガニーで巻き込んで製作しました。

新材ですが違和感なく仕上がっていると思います。

天板の下には前後にアイアンのフラットバーを立てた状態で仕込みました。

これでテレビの重さで天板が沈む動きを押さえます。


1519120099722.jpg

1519120107666.jpg


脚をカットして完成です。

今のところは少し高めで仕上げておきます。

掃除機のノズルが普通に入る高さを意識しました。


1519120116486.jpg

1519120124562.jpg


1519120179318.jpg


仕上がり寸法は、W910×D425×H600。

テレビのサイズはバランス的に40インチくらいまででしょうか。

収納部は間仕切りや棚板を割り振っても良いですね。

こちらは藤沢店で展示中です。


大概の箱物家具は同じ様な加工がが可能です。

必要に応じてダウンサイジングなども可能です。

藤沢店ではアンティーク修復士がご相談に乗らせて頂きます。

posted by kiya antiques at 18:55| From Factory
Powered by さくらのブログ