2017年07月29日

オススメページに新商品を追加しました!

今回のピックアップ商品はこちら。

3872-1.jpg

過去にリプロダクションで小ロット取り扱ったことがあるので、見覚えのある方も多いのでは?
イギリスから買い付けてきた、鋳鉄製のガーデンアイテムです。
入荷検品の時に、1部溶接が外れていて、お蔵入りしていましたが、他の金属の溶接修理の際に一緒に治しておきました。
ちなみに、鋳鉄の溶接は基本的にはNGで、理由は「強度が出せないから」だそうですが、今回は、そもそもオリジナルが溶接されて製造されていたことと、置物なので特に強度の必要無い商品ということで断行しました。
溶接後も研磨やら塗装やらと作業をしてみましたが、現状ではまずまずちゃんとくっついているようです。
さて、この羽の生えたブタ、私は初めて入荷した際、イギリスのバンド、ピンクフロイドのジャケ写を思い出してしまいましたが、他でもよく目にする機会があるかと思います。
起源はスコットランドの慣用句で、ヨーロッパ全土で同じような表現があるようです。
「ブタが空を飛んだら○○も出来る」といった具合に物事が不可能確定な時に使われるんだそうです。
イタリアを舞台にした、豚が主演のジブリ映画の、あの名セリフと関係はあるのでしょうか?
逆に、ブタに羽を付けることによって、「不可能が可能に」「奇跡が起こる」等といった縁起物アイテムの定番となっていったワケです。
溶接、溶接箇所の研磨、パテ処理、下地のシーラー塗装、ツヤ消黒のペンキ塗装、軽くワックス掛け。
と手間は掛かりましたが、特に古い物に付加価値が付いたワケでも無いので料金は据え置きです。
人気の高い、鋳鉄製の動物シリーズ、限定1匹です。

※こちらの商品は藤沢ウェアハウス店にてご覧頂けます。

ほかにもたくさん紹介しています!お見逃しなく!
スタッフオススメページはこちら
posted by kiya antiques at 10:46| Collectables

2017年07月22日

イギリスアンティークレードル

ladle.JPG

オンラインショップにアンティークレードルをアップしました!
食卓の上でグレイビーソースやスープを取り分ける為のお玉ですね。
ステンレスやシルバーの物が多いのですが、こちらは珍しい陶器製。
全てに食器のような優雅な柄が入っています。
同じ柄のディナーセットがあったのだと思います。
シンプルなボウルなどに添えてあるだけで素敵ですよね。
手作りドレッシングなどのレードルにいかがですか?

オンラインショップはこちら。

ご紹介している商品は藤沢ウェアハウス店にて扱っております。
是非お店にも遊びに来て下さいね。

藤沢ウェアハウス店へのアクセスはこちら
posted by kiya antiques at 18:18| Collectables

2017年06月23日

オススメページに新商品を追加しました!

今回のピックアップ商品はこちら。

7058-1.JPG

昔イギリスから入荷したデスクランプです。
長くしまい込んでいたため、かなり黒ずんで錆びていたのですが、このたび美しく磨き上げて復活させました。
バンカーズランプにも似たシンプルで無駄のないインダストリアルなデザイン。
全体が金属で作られていて、このくらいの大きさのあるアンティークのデスクランプはありそうでいて、なかなか出てこないもの。
刻印等はないのですが、1920-40年代におそらくイギリス、またはヨーロッパで作られたものと思われます。
シェードと台座はブラス製、フレームの部分はクローム製。
台座には重りが入っているのでどっしりと安定感があります。
また台座裏には布を貼ってあるので机を傷つける心配もありません。
シェードと台座部分の角度調節も可能です。
全体のサイズは前述の通りですが、台座のサイズは140×140mmの正方形。
ソケットは陶器製のE26。
蛍光灯、LEDもOK、消費電力は60Wまで使用可能です。
(長時間点灯すると、金属のシェードが熱くなることがあります。)
電源コードは新しいものをつけました。
延長コードが必要ないくらい、長めの約2900mm。
途中にON OFFスイッチがついています。
古いものなので表面には擦り傷や少々の剥がれ、凹み等々見られますがそれも味わい。
正面から見たときにシェードの右側がさがっていますがそれもまた味わい。
ガラスシェードではないので割れる心配もありません。
手元に置いて経年変化を楽しみつつ、長くお使いいただけるデスクランプです。

※こちらの商品は横浜本店にてご覧頂けます。

ほかにもたくさん紹介しています!お見逃しなく!
スタッフオススメページはこちら
posted by kiya antiques at 16:46| Collectables
Powered by さくらのブログ